必要書類は本人確認の運転免許証だけで良い仕組み

思ったよりハードルが低い

借りやすいとか難しいというのは実はサラ金には存在してなく全ては根も葉もない噂で、本当の基準は一律でシンプルに出来てます。 全国のデータベース上にある名前と履歴に身分証明書を元に問い合わせて、合否を自動的に出すだけで万が一の時の保証人は不要です。 この際の必要書類は本人確認は免許か保険証かパスポートの1点だけです。 混同している噂で収入証明の添付が必要と言われてますが、これは50万円以上を1社で借りる場合のみです。 全くの初めてで50万円以下であれば、借りやすいという審査もなく無職でも専業主婦でも大丈夫です。 貸金業のデータベースには過去に債務整理をした人はブラックリストとして7年間残ってますので、該当するかどうかの照合にも使われます。 つまりは、破産経験がなければ誰でも借りれるということになる訳です。

三社目に手を出した場合の必要書類

上記で一社だけなら簡単に通過できることを述べましたが、それ以上の金額の要望となると話が違ってきます。 恐らく揃える必要書類として収入証明が要求されてくるのは二社目は借りやすいのですが、三社目からと思われます。 二社までならトータルで100万円なのでギリギリセーフですが、それ以上は総量規制の監視対象になってきますので、定期的な給与がいくらあるかを尋ねられることになります。 50万円ずつ複数社に申込をするのですが、必要書類は身分証明だけではなく、借入の会社数と収入証明と負債額の自己申告が求められます。

借りやすいから全国に1500万人の利用者がいる

政府が発表の資料によると、サラ金を一度でも人生で利用している人は1400万人で成人の割合でいうと少なくても5人に1人以上はいます。 1500万人中で借入先が1件だけの人は1000万人で、借りやすいのが根本の問題で残りは破産寸前の多重債務に陥ってます。 必要書類は本人確認の身分証明書(パスポート可)だけで簡単に借りれてしまうことで間口が広く、特に低所得層が保証人が要らないということで利用してしまうようです。 この一社しか利用してない人の平均が46万円なので、大多数が上限の50万円を身分証明書だけで申請していると思われます。

身分証明書として健康保険証も代用できる

健康保険証は3か月以上滞納があると次回までの更新期間がデフォルトよりもスパンが短くなるのを意外と知られていません。 これを利用することでサラ金の審査で健康保険証を見ることで現状の返済能力があるかどうかを判断できます。 また住所も記載してますので運転免許証やパスポートと同程度の信用力を世間では持っていることになります。 2017年初頭からマイナンバーの各家庭の交付も徐々に始まっていますので、厳選な審査と本人確認がしやすい環境になってきたことになります。 借りれそうな消費者金融を探す方法としては、人格が個人だったり、貸金登録してから更新回数が浅い会社を狙ってみるのが良いのでしょう。

必要書類が揃っていてもサラ金で借りれない理由

お金を借りれるかどうかには合否の審査があるので、必要書類が揃ってからが合否の基準を精査されます。 サラ金で借りれないケースとしては、総量規制があり年収の1/3以上の借入が現在既にあると不合格になってしまいます。 それ以外にも無職だったり、任意整理中だったり、クレジットカードが止まっていたりの理由で不可になることがあります。 提出に必要な書類に虚偽があった場合でも駄目です。 勤め先を適当にごまかしたりしても、後日在籍確認の電話で本当かどうか調査されますので、嘘は書かないようにしましょう。 勤続年数や収入や居住形態と、サラ金の審査に有利なように必要書類に記入すると後で裏を取られますので初めから正直に記入しておきましょう。

サラ金【即日】審査なしで100万まで借入

このページの先頭へ