法律ではサラ金の時効は10年ですが現実は難しい理由

裁判所を使うことで伸ばせる

借金をしたのが法人の場合は時効が5年で、個人は10年になり、期日以降は返済の義務は晴れて消滅します。 個人というのはサラ金が会社ではなく個人で金融庁に登録したケースになるので、ほとんどの場合は5年になります。 時効の援用における条件が複数あるので注意が必要です。

  • 10年の間に一度も返済をしてなかった
  • 借金が現実に存在することを認めないこと
  • この2点さえ綺麗にクリアーできていれば、もし10年間返済しないでいた人がいるとすれば、民事裁判でもサラ金に支払う必要は一切ありません。 時効が完全に過ぎても執拗に催促してくる場合は、司法書士か弁護士に依頼して内容証明を送ることで事が解決します。 この内容については、勿論貸す側も重々承知しているので、期日が来ないように色々と裏技の策を講じます。

    債務名義を裁判所に申請し時効を無くす

    期日が過ぎた借金については、サラ金は裁判所に掛けあうことで債務名義というものを取得することができます。 債務名義とは、内容問わずに強引に差し押さえが出来る権利が付与されることになり、時効の期限が10年あります。 実際に一括返済を要求して、動産(車や給料など)を換金して不足分に漏れなく補充することも可能であるので、何でも簡単に出来てしまう権利になります。 大手の消費者金融アコムなどでは、悪質な回収業務については自社ではなく債権譲渡して隠れ蓑の関連会社に執行させるケースがあるようです。 その際は自宅に詳細の通知の葉書が正式に来ます。 そして本来なら、分割や示談による譲歩がありますが、これに応じないと最終手段が待ち受けていますので、素直に応じるのが得策です。

     サラ金の限度額【相場は50万円】裏技もあります

    サラ金で時効を完璧にするのは不可能なのか

    基本的には借入れした金額の大小によります。 負債者からの回収に掛かる人的費用が大きく、返戻のリターンが小さければサラ金も営利企業なので借金の差し押さえを諦める確率もゼロではありません。 しかし、50万円以上になれば会社としても民事裁判することで補填できるのです。 残念ですが正式な時効になることはまずあり得ません。 現状で何も換金性のある有益な財産を持っていないからという意味で大丈夫ということではなく、給料を差し押さえたり、数年後に遺産を相続した際に差っ引かれることもあります。 始めから時効の援用を狙った融資の審査は不可能ですが、偶然にも相手から通知が来なかった、引っ越しを複数回することで連絡が途絶えたなどであれば、ラッキーな結果になるということです。

    時効の援用をする際に内容証明を出すが失敗すると大変

    サラ金の返済の時効で難しいのは、リミットの期日を間違って10年経過してないのに借金の内容証明を早とちりで送ってしまうと、即座に民事裁判を起こされ一括請求されてしまいます。 そのために法律の専門家、行政書士ではなく司法書士か弁護士に時効開始日時と経過日数が間違いないかを判断してアドバイスを貰いましょう。 書類一枚だけなので、手付の費用は安ければ一万円程度です。 借金の消滅時効はサラ金だけでなく書類を交わした個人間融資などにもあり、それぞれによって中断や条件が異なるので素人が行動するよりはプロに任せた方が宜しいでしょう。 また、晴れて時効成立後にキャッシングやクレジットカードが作れると考えている人が多いかと思います。 ブラックの信用情報はCICなどに延滞などが残ってますが、サラ金の時効援用と同時に自動的に消えるわけではなく、自分で連絡する必要がある場合もあります。 汚点の履歴が無くなってクレジットカードが作れることになります。

    サラ金の時効が経過した後に債権回収業者

    詐欺として横行している手口があるのが、サラ金で時効が成立した後に名簿業者から嗅ぎつけたのか債権を回収したから払えという脅しがあることもあります。 時効になった債権を安く譲り受けて払ってくれたらラッキーのような違法行為なので、例え時効成立後に違う会社名で請求を受けても応じないようにしましょう。 本当に債権譲渡していることもありますが、時効が優先になるので支払い義務はありません。

    サラ金【即日】審査なしで100万まで借入

    このページの先頭へ