サラ金は年収や審査で限度額が異なる

広告と現実の限度額の誤差や違いは?

最近ではサラ金と呼ばれる多くの消費者金融会社の融資の限度額は50万円ですが、初めてで50万円を借りられることはまずないでしょう。 それでは果たして、いくらまでなら限度として可能なのでしょうか。 インターネットやA4のチラシ広告で「○百万円まで融資可能!」などの派手な広告の看板を偶然見かけたことがあると思います。 借入れ申込者の中に、複数の借入れを一社に絞るまとめローンなどを目的とする方がいらっしゃるでのはないでしょうか。 優位な一社にまとめることで、複数の支払いなどの手間やそれぞれの会社に請求される金利の統一などの効率が図れます。 貸金業者では、融資の限度額は利用者それぞれの経済状況などにより異なります。 2007年に完全施行された「貸金業法」により、天下の金融庁が許可した貸金業者が個人に貸付けできる利用可能額の上限は、昨年稼いだ年収の1/3と定められています。 初めての利用者はサラ金に関する信用情報が登録されておらず、過去の借入れの参考になる履歴が端末で照会されないために審査が厳しくなります。 限度額まで融資を受けることが不可能です。 これにしたがって、何度か借入れ・返済を繰り返して返済能力が認められると徐々に限度額が上がり最終的に50万円まで融資が受けられるのが一般的で、その後の利用状況次第で融資枠を広げられるということも可能です。

 サラ金の時効は10年【裁判所の債務名義が解く鍵】

限度額を広げるためには?

利用限度額の基準はサラ金によって異なりますが、上限の50万円を超えていくらまでも枠を上に広げる重要な条件とは、はじめて貸付けをしてもらう会社からのクレヒスのような信頼度を得ることです。 必須条件としては支払いの延滞を一度も真面目に怠りなくすることですね。 支払いを口座引き落としの手続きにしておいて、うっかりして残高不足で定額の引き落としができなかった・・・このような自分のうっかりミスで、その後すぐに金融業者に連絡をして対応してもペナルティーと見られることもあり得ます。 特に銀行系のサラ金は例えうっかり遅延でも二度、三度と繰り返すようなだらしない態度や性格では、今後も度重なるかもしれない重要人物だと打診されてしまいます。 返済の履歴や記録を得るためにも利用回数の実績の積み重ねも限度をアップするには重要です。 例え何度も借入れを続けても、きちんと返済をしている真面目な利用者は、融資先の企業から見れば嬉しいリピートするお得意様なのです。 限度額を再断言に上げるために抑えておきたい見逃せないポイントとして、複数の金融業者を同時期に並行して利用しないという意味です。 複数社で借入れをしている切迫した状態で上限の50万円の枠を倍以上に広げることは基本的には難しいでしょう。 まして短期間に3社以上の借入れの申し込みをすると、多重申込者として金融業は警戒する人物とみなし時効になるまでは新規の審査の受付もしてくれません。 短期間の初めての連続申込者に対して警戒する金融業は、全国でも銀行系など大手の所謂サラ金です。 いくらまでかの数字を見ると銀行系や大手では、現状の限度額も大きく300万円~500万円など異なりますが、基本的に審査が厳しいことを再確認し頭にいれておきましょう。

フリーターや学生の利用限度額は?

学生やフリーターでも20歳以上で働いて安定した収入の証明があれば、サラ金から限度額はありますが利用することはできます。 上記の表のように年収の1/3なので、例えば月に5万円貰えるアルバイトをしていた場合は年収が60万円になり、1/3の20万円が利用限度額になります。 学生やフリーターが一般正社員と比較してサラ金の審査に通りにくいとか、限度額が低いということはなく、あくまでも年収ベースになります。 当ページのタイトルである相場が50万円と書きましたが、年収が150万円以下の場合は限度額が下回ることがあります。

サラ金【即日】審査なしで100万まで借入

このページの先頭へ